Delta-Fly Pharma株式会社Delta-Fly Pharma, Inc.

患者にやさしい抗がん剤を
モジュール創薬で世界に向けて開発

Discovery and Development of
gentle anti-cancer agents with
Module Technology all over the world

社長 / 創業者 江島 清 Founder & President  Kiyoshi Eshima

ニュースリリース / News Release

尿のアルカリ化を指標とする難治性がん治療法の事業化

2017年9月28日、当社は「尿のアルカリ化を指標とするがん患者に優しい治療法」の事業化に着手しました。この治療法は当社のScientific Adviserを務める和田洋巳医師(京都大学名誉教授)と浜口玲央医師(東京大学大学院医学系研究科社会人大学院生)が発明し、上皮成長因子受容体(EGFR)変異陽性の難治性肺がんに対して、EGFR阻害剤との併用で有効な治療法として、がん研究専門誌「Anticancer Research 37: 5141-5145 (2017) 」に掲載されました。当社は一日も早く難治性がんの治療に貢献できるよう、開発を進めて参ります。

September 28, 2017, Delta-Fly Pharma Inc. will develop an epoch-making therapy agent. Alkaline Diet Therapy is effective for treatment of advanced or recurrent EGFR positive Non Small Cell Lung Cancer under the combination with EGFR-TKI (Anticancer Research 37, 5141-5145, 2017)” invented by Dr. Hiromi Wada (Emeritus Professor of Kyoto University) and Mr. Reo Hamaguchi (Doctor Course of Graduate School of Medicine, The University of Tokyo), acting for the Scientific Adviser of Delta-Fly Pharma.

高分子医薬の開発に向けた共同研究契約締結

2017年6月1日、当社は独自に保有するModule Technology技術を提供し、新規抗がん活性物質のデリバリーの開発に関して、湧永製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:湧永寛仁)と共同研究契約を締結しました。

June 1st , 2017, Delta-Fly Pharma and Wakunaga Pharmaceutical Co, Ltd.(HQ: Osaka, President: Kanji Wakunaga) signed a collaboration agreement for researching polymeric anti-cancer drugs.

DFP-10917の日本における独占的開発・販売権に関する契約締結

2017年3月24日、当社は日本新薬株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:前川 重信)に対して、再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)治療剤「DFP-10917」(以下、本剤)について、日本を対象とした、本剤の独占的開発権および独占的販売権を付与するライセンス契約を締結しました。

March 24th , 2017, Delta-Fly Pharma and Nippon Shinyaku Co., Ltd (HQ: Kyoto, President: Shigenobu Maekawa) signed a license agreement on DFP-10917 for the treatment of relapsed/refractory (r/r) acute myeloid leukemia (AML). This agreement enables Nippon Shinyaku to exclusively develop and commercialize DFP-10917 (2nd line) in Japan.